ブログトップ

mamolog

aziazizak.exblog.jp

映画【メランコリア】

メランコリア

監督: ラース・フォン・トリアー

出演:キルスティン・ダンスト
    シャルロット・ゲンズブール
    キーファー・サザーランド
    シャーロット・ランプリング

あらすじ:
巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、
ジャスティン(キルステン・ダンスト)は盛大な披露宴を催す。
姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫(キーファー・サザーランド)が
所有する豪勢な屋敷での宴は盛況だったが、
花嫁のジャスティンはどこか空虚な表情だった。
披露宴を取り仕切った姉夫婦はそんな妹を気遣うが……。
(yahoo映画参照)


感想:
【ダンサー・イン・ザ・ダーク】があまりにも有名な
ラース・フォン・トリアー監督。
私は【奇跡の海】しか観てませんが何か相性の良さを感じたので
今回の作品も期待大にして鑑賞しました。

地球に急接近する惑星メランコリア。
《メランコリー=憂鬱・鬱病》
SFじゃないよ。
実は人間の精神、幸福、権威、など一般的な価値観が
すでに崩壊に向っている様子を美しくも不穏な気配の中で
登場人物の心象描写を通して表現した作品のような気がしました。

物語は二部で構成されていて
妹ジャスティン(キルスティン・ダンスト)と
姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の対比により
全く違う立場の人間が同じ危機に瀕した時
どのような心情でどんな行動に出るか
分かり易くアプローチしてきます。

私自身はジャスティンにとても似ていると実感。
彼女の行動が先読みできる程すんなり入り込めました。
ジャスティンと違って優秀な人材でもなければ
期待もされてないんで
彼女が感じたような重圧感はないですがww。

いよいよ惑星衝突が近づくと姉妹の行動は対極に。

家庭があり社会に根を下ろして生きている姉は
狼狽し、最期の日は沢山の人に囲まれて向かえたいと
望みます。

一方、お仕着せの幸福に違和感と重圧を感じ
鬱状態に陥っていた妹は、どこか落ち着きはらって
むしろ、この日を待っていたような風にも見えます。
一糸まとわぬ姿で惑星の青い光をあびるジャスティンの
姿が彼女の全てを物語っていたように思います。

私はこの作品はラース・フォン・トリアー監督自身の
物語であって、何か世間とのギャップ、重圧、閉塞感から
自由になり、次のステージに行きたいと言う声に
聞こえてしょうがなかったです。

だから同じ状態であるのに
プロローグの美しく不思議な表現があり
エピローグの救われない表現があったのだと思います。

しかし、この豪華キャストにはたまげた。
[PR]
# by mamochan-wan-wan | 2012-02-26 04:59 | 映画

映画【狂乱の大地】

十三の第七藝術劇場で【狂乱の大地】を観る


狂乱の大地
監督…グラウベル・ローシャ
1967年 ブラジル


あらすじ…

架空の共和国エルドラド。
パウロ(ジャーナリスト&詩人)は
保守派の政治家ジアスに目をかけられていたが
活動家の女性サラと出会い意気投合。
進歩派議員ヴィエイラを知事に担ぎ上げ
貧困と正義のない社会を改革すべく理想に燃える。
しかし選挙に勝ったヴィエイラは、これまでのしがらみにとらわれ、
何一つ変革することができなかった。
失望したパウロは国内一の企業家フエンテスに近づく。
しかし、裏切りにあい再びヴィエイラに接近、
自らの理想社会の為、武装闘争に向っていく…。



感想…

冒頭のシーンからド肝抜かれっぱなし。
回想、現実、幻想シーンが順不同?入り混じり
正直言って最初は何のこっちゃ?

そのうち断片がリング状に繋がり全容が顔を出すにつれ
政治的思惑、権力とマスコミの横暴、情報操作
アナーキズム、民衆の思考停止と政治任せな怠慢、
宗教概念と信者の妄信etc…。(ありがち。)
の中心に立たされた感覚(客観視)に。

主人公パウロと同様、
善悪の判断もできない困惑状態になってしまい
結局、全否定…ってことに。

パウロのやり場のない思いはテロリストへ彼を向わせるが
結局、射殺されると言う何とも言えないジ・エンド。


言うまでもなく政治的、分析、批判的でありながら
狂気じみた原始の匂いもプンプンする濃厚な作品でした。

全体の印象は、お洒落でエネルギッシュ、
映像と音楽の組み合わせも素晴らしく
サンバやジャズ、ヴォサノヴァetc…。
が効果的に使われてたり
十字架を抱きかかえて砂漠を歩くシーンと
原住民がサンバをおどるシーンのコントラスト
パウロが空に銃を向けるシーンはやり場のない情熱を思わせるなど
象徴的な映像ががとにかくお洒落に散りばめられてました。

また、詩人であるパウロの「言葉は無力だ」的なセリフからは
切実な思いが…。政治を動かす大仕事や
革命の大きなウネリを前にすれば
言葉(私は個人の理想と解釈)はあまりにも力足らず。

しかし…終盤パウロはその言葉を情報操作と言う武器にかえて
反撃にでるあたりに恐さと皮肉を感じた。


私の文章力ではまだまだ表現しきれてないテーマと
濃厚かつクールな質感がある作品です。

本当に、本当に、この感覚をお伝えできるだけの文章力が欲しい!
[PR]
# by mamochan-wan-wan | 2011-08-21 20:23 | 映画

とんぼ玉体験教室

e0118766_12173763.jpg

先週の土曜日、念願のとんぼ玉作りをしました。
京橋(大阪)にある【kinari】という工房での
体験教室。

とんぼ玉には小さなガラス玉の中に
自分のイメージや好きな色彩を閉じ込めて
天然石のような、宝石のような、陶器のような
色んな表現ができる魅力を感じていました。

眺めているだけでも素晴らしいのに
自分で作る事ができたらいいなぁ~と。

しかし…。
何でもやってみると、難しい。
数回体験した陶芸やいつもやってる仕事と違い
溶けたガラスは生きている様に動きまわる
意志を持ってるように、こちらの思惑どおりにはいかないです。
ガラス職人は炎とガラスの両方を手なずけてるんですね。

やっぱり、職人さんは凄い!

私は、ドロドロと動くガラスにてこずり
思った通りとは程遠いものこしらえてしまいましたが
ちょいと愛着もわいたので麻ヒモとシルバービーズと
組み合わせてペンダントを作ってみました。

ガラスとバーナーの炎が溶け合った時の
赤い輝き。

その時が一番きれいで
難しかったけど、癒されながら作っていました。
[PR]
# by mamochan-wan-wan | 2010-10-17 12:22 | 雑貨

秋の夜長に…。夜の散歩に…。

e0118766_0161625.jpg

ボサノヴァというカテゴリーには納まりきらない。
カエターノ・ヴェローゾの歌声とギターは
聴く人を自身の空想世界やイメージの中に
引きずり込んでいきます。

私はこの秋の夜長に、夜の散歩に
カエターノ・ヴェローゾを聴いて
空想、妄想を頭の中に、澄んだ夜空に広げております。
映像を誘い出す楽曲って凄いと思います。
音楽が視覚にまで訴えかけてくる不思議。
歌詞がわからないんで余計に絵が浮かびやすい。

癒し系でありながら
ちょっと異色な、スパイスの効いた演奏。
ジョアン・ジルベルト~ニューウェーブまで
色んなエッセンスを取り入れたカエターノには
所謂、ボサノバとはちっと違う
もっとミステリアスで吟遊詩人的な魅力もあります。
ほんまにお薦めです。

英語の訳詞がアート・リンゼーだったのも面白いです。
[PR]
# by mamochan-wan-wan | 2010-10-01 12:32 | 音楽

アニメ【最強武将伝・三国演義】

日曜の朝9時30分
何があろうとテレビ大阪を観る。
【最強武将伝・三国演義】
アニメなんですけど、あの有名過ぎる三国志の
エピソード一つ一つをそれはそれは丁寧に
アニメ化しています。

三国志ファンの私にとっては見逃せない。
そして今週は【赤壁の戦い】のクライマックスであります。
諸葛亮と周瑜の心理戦、駆け引きが色々あって(味方なのに)
あの火責めのシーンに突入!
赤壁の戦いだけでも6週かけて放映する濃い内容なんで
この先、【五丈原の戦い】なんかの司馬懿と諸葛亮の攻防も楽しみ!
「死せる孔明、生ける仲達を走らす」
死んでもなお司馬懿にとっては脅威であった諸葛亮。

因みに、声優陣が豪華で

劉備・・・船越栄一郎
曹操・・・鶴見辰吾
諸葛亮・・・アリとキリギリスの石井正則(以外にも)
ナレーション・・・鹿賀丈史

見始めるとハマってしまう事請け合い!
[PR]
# by mamochan-wan-wan | 2010-09-26 03:36 | TV